MENU

iPhoneケースソムリエ おすすめ14選

iPhoneケースをこよなく愛し、あなたにぴったりのiPhoneケースをオススメする”iPhoneケースソムリエ”弓月ひろみがオススメする、iPhoneケース展で購入できる、iPhoneケース14選。

無垢板からの削り出し、天然色の1点モノ


正真正銘、「木」だけで作られた、手触りのよい木製iPhoneケース。余分なパーツは一切使われていません。松葉製作所は、創業70年の木型屋。普段は、車のエンジン部品などの鋳物型を木で作っています。だから、精密加工と、手作業で曲線を作ることに長けているのです。その技術が惜しみなくつぎ込まれたケースは、大量生産では出来ない曲線が表現され、使いやすく美しい形状に加工されています。
表面に塗られているのは、富山県の「尾山製材」が作る、蜜蝋クリーム。最終仕上げに使うことで、なめらかな肌触りを実現しています。

松葉製作所
http://www.matsuba-factory.com

レザーが手仕事でよみがえる。職人のオールハンドメイド

“廃棄されてしまう革”を、卓越した技術でよみがえらせたレザーブランド「ReLEATHeR(リレザー)」。私達の暮らしになくてはならない革製品。ただ、加工の過程で必ず廃棄部分が出てきます。ブランドの工場・工房などから集められる廃棄革は、なんと年間2トン。「もったいない」の精神と共に、エシカル(道徳的)なものづくりをしたいという思いから開発がスタートしました。大きさも厚みもバラバラの廃棄革の山から、製品化できるものを選び、均等に揃え、貼り合わせる作業は、慣れた職人でも、完璧に習得できるようになるまで、10年はかかると言われる大変高度なもの。職人の時間と技術、情熱と思いが注がれた、iPhoneケースです。

Rebonally
https://rebonally.jp

世界トップクラスの発色に、一枚革の贅沢加工


有名メゾンが愛用する、1864年創業の老舗タンナー・ドイツ“ペリンガー社”のシュランケンカーフを使用。世界トップクラスの発色の良さと上質な柔らかさが特徴のフルレザーケースです。表地・裏地すべてに高品質な牛本革を使用され、表はiPhoneの薄さを活かすために作られた一枚革仕様。繋ぎ目のない本革の、独特の風合いを楽しめます。また、薄く進化してきたiPhone の特徴を損なわないよう、1枚革を極限まで薄く剥くことで総革製ながら約14mmの極薄仕立てを実現。通話口が開けてあるので、フラップを閉じた状態でも通話できるのが便利です。フォーマル・パーティにもしっくりくる大人の為のケース。

GRAMAS
https://www.gramas.jp

ぬいぐるみが、あなたのiPhoneを守ってくれる


何コレ可愛い!と思わず声をあげてしまう、ぬいぐるみ型のiPhoneケース。前足と後ろ足で、iPhoneの四隅をしっかり掴んで離しません。ギュッと抱きしめるスタイルには秘密があります。手が、ググッとiPhoneの表面にまわっているので、画面を保護できるんです。iPhoneの画面を下にしておいた時も、テーブルと画面の間にスキマができるようになっています。更に、左手部分だけが、他の3本とは非対称。これは、カメラのレンズが埋まらないようにする工夫なんです。ぬいぐるみを背にして置けば、簡易的なスタンドにもなります。インスタ映えもばっちり、毎日連れて歩きたくなるiPhoneケースです。

シマシマ株式会社
http://www.simasima.co.jp

外観スリムで中身はタフ!「防水・防塵・耐衝撃」を実現。


防塵・防水認証の最高値IP68を取得した驚異の密閉度。落下実験をクリアした耐衝撃性。圧倒的な強さと密閉度であなたの携帯を守ります。つけたままで、指紋認証(Touch ID対応)
充電ケーブル接続、ボリュームボタン・電源キー操作、カメラ撮影(ストロボ対応)、スピーカー・マイク操作、さらに3D Touchにも対応。2mまでの潜水できて、泥や塵にも強く、着氷結露など寒冷地の温度変化にも強い防雪設計。
さらに、軍用規格MIL-STD 810G準拠で、3mからの落下にも耐えられます。これだけタフなのに、見た目もスマート。日常使い、ビジネスシーンからアウトドア、ハードな現場まで全てを網羅するパーフェクトなケースです。

株式会社QRECO
http://www.qreco.jp

陸前高田生まれ。握りやすい形状を数学的に探求

バイオリンの名器、ストラディバリスの素材としても使用される「イタヤ楓」。その硬くて柔軟な素材を活用した、新しいiPhoneケースです。日本らしい伝統の漆塗、木目が活きるウッドステイン。試行錯誤を何度も重ねて実現された形状に、岩手三陸沿岸南部に咲く気仙椿など、岩手県の自然に着想を得た色を重ね、塗装を施しました。使用する全ての人が持ちやすいユニバーサルデザインを目指し、掴む、持つ、握るなどの動作を筋電図にて計測する。数的根拠による「握りやすさ」を導きだしました。また、このケースをお買い上げいただくことで、岩手県内の12本分相当の森林保全に貢献できます。

株式会社バンザイファクトリー
http://www.sagar.jp

特殊な3D加工で、美女が立体的に表情を変える!


セクシーな中に上品さを持つ、美女のイラストが描かれた、iPhoneケース。このケースには秘密があります。実は、見る角度によってその表情やポーズが変化する、「3D PHONE COVER」です。特殊な印刷技術”レンチキュラー”を用いることで、3Dの立体感を表現。日本国内で京屋だけが、この3D PHONE COVERを取り扱っています。商品は、うっすら透けるTPU素材。iPhoneのベース色が活かせます。絵柄はiPhone6,、6Plus、 7、7 Plus合わせて、全部で14種類。リーズナブルな価格なので、毎日付け替えるのも楽しそう。この美女イラストを使ったケースは、在庫限り。欲しい人は早めにGETしてください。

京屋
https://www.kyoya.mobi

ナチュラルウッド×フリップのカジュアルケース


明るいウッドの木目に、レーザーの刻印を施した、珍しいフリップタイプのケース。素材は無垢のメープル材。シンプルなラウンド形状と無垢材仕上げで、滑らかな手触りです。カバーとケースを繋ぐ中心部分と、内側はスエード調。画面に触れても傷がつきにくく、カードポケットが1枚付いています。iPhoneを包むのは、全体をしっかりカバーするTPUケース。ちょっとぐらい乱暴に扱っても大丈夫なカジュアルさが良い感じ。オススメ柄は動物パターンのCOW(牛)、GIRAFFE(キリン)、FLAMINGO(フラミンゴ)、ZEBRA(シマウマ)。柄のどこかに必ず「ハート」がひとつ隠れているのが、好感度大。

株式会社アピロス
https://www.apeiros.jp

パーフェクトな一体感がiPhoneを引き立てる


iPhoneを保護したい。でも余計なものは付けず、本体の美しさをキープしたい。そんな人にオススメのバンパー。航空機や船舶、高度な建築物に使われる信頼性の高いA6063アルミニウム合金採用。内側を削り込むことでiPhoneのカーブにぴったりフィットする、持ちやすい形状です。装着するのに、特別な工具や部品も不要。バンパーと本体が接触する部分に貼り付けられた特殊シリコンは、接触傷を防止。万が一、落としてしまった際にもiPhone本体を保護します。今年3月に発売されたiPhone 7(PRODUCT)RED™ Special Editionに合わせて新色「レッド/レッド」が登場。合計6色のラインナップです。

ディーフ株式会社
http://deff.co.jp

持ちやすく、スタイリッシュ。落下衝撃にも強い!

頑丈なポリカーボネート素材と、柔軟性のあるTPUを組み合わせたスタイリッシュな衝撃吸収ケース。本体に装着した状態で、26方向への落下試験を実施した、米国国防総省が定める米軍物資調達規格「ミルスペック」製品。iPhoneの美しさを活かしつつ、落下の衝撃に強いエアクッションを搭載。ゆるやかなカーブの側面には、落下を防ぐ滑り止めドット加工が。するっと手から落ちてヒヤッ!とするコトもなくなります。ケースの内側にわずかなスペースがあるので、きせかえシートをはめ込んで、オリジナルのケースデザインを楽しむことも。iPhoneケース展の作品は、すべてこのケースをベースに作られています。

フォーカルポイント株式会社
http://www.focal.co.jp/

世界36カ国で愛されるMade in Japan

世界最大規模の国際的デザイン賞「レッドドット・デザイン賞 2015」 を受賞した「AndMesh」ブランド。パリの有名店でも販売されるなど、世界が注目するケースです。一度つけたらやめられない、さらっとしたマットな質感に、ぴったりフィットする質感。ひねっても変形しない、しなやかさ。エラストマー素材を使うことで、ハードケースより柔らかく、優れた弾力性で iPhone7 を保護します。また、背面のApple マークが美しくみえるよう、ドットの大きさを変えてあるのも、こだわりのポイント。ポップなレッドやライムイエローから、シックなオリーブ、ネイビー、ホワイトまで、どの色も揃えたくなるラインナップ。

AndMesh
http://www.andmesh.com/jp/

手ぶらで出掛けよう!カードも名刺もお札も入るケース


お出かけが、これ1つでラクに!iPhoneの背面ポケットと、ハンドストラップが特徴のリアルレザーケースです。背中のバンドをひらくと、左にポケットが1つ、右に2つ。左ポケットは大きめサイズだから、畳んだお札や名刺が入ります。右ポケットにはクレジットカードやICカード、ポイントカードを入れられ、コレだけですぐ外に出掛けられますね。
普通の手帳型と違って、写真撮影も簡単なのもポイント。ケースを開くことなく、片手で撮影撮影が可能です。ハンドストラップを掛けたまま操作できるので、落とす心配もナシ。持った時、背面のバンド部分が指に引っかかるようになっているので、安定感もバツグン。

RAKUNI
http://rakuni.me/

京の美を持ち歩く。西陣の老舗が織りなす雅の世界


創業明治44年。京都・西陣に店を構える、富坂綜絖店は、西陣織を織る装置(経糸を上げる装置・綜絖)を製作する老舗。3代目が西陣織のPRを兼ねて、本業のかたわら創作を始めたスマートフォンケースが、口コミを呼び、TBS「マツコの知らない世界」で取り上げられ、一躍人気に。西陣織金襴・帯裂地・中金箔・手漉き和紙を使い、一点づつ丁寧な手仕事で作られています。織物の柄も様々。風袋から風を吹き出し、下界に風雨をもたらす風神と太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷神の活動の姿を描写する絵画「風神・雷神」や源氏物語のワンシーン、牡丹や、縁起が良い吉祥模様、青海波など、どれが良いか迷ってしまいそう。

富坂綜銧店
https://nishijin.theshop.jp/

メカ好きにはたまらない、握って片手で操作するスマホケース


メカ好き、ガジェット好きにはたまらない”片手で変形する”ケース。ワンプッシュでグリップが飛び出し、小さな手でも片手操作が出来ます。ポケットや鞄に入れるときは、ワンプッシュで平らな状態に元通り。縦置き、横置きスタンドに変形、カード収納も可能です。パーツを交換してカラーアレンジを楽しむことも。このケースは、iPhoneケース展2016 in横浜赤レンガ倉庫で「ぶんじカンパニー」がデザインし、出品。メーカー賞受賞をきっかけに、CGコミュニケーションズによって製品化されました。同社は、Roboxブランドで有名な英国の3DプリンターメーカーCEL Technology Ltd.の日本に於ける正規代理店です。

CGコミュニケーションズ株式会社
http://cgcom.asia/